とある中年女性の日記

一人の時間と惰眠を愛するわたしの脳内と暮らし

雑談

娘のセレモニーに際する雑感

4月、別れと出会いの季節である。 娘の卒園式と入学式にわたしも参加した。 知っていた、知っていたはずなんであるが目の当たりにすると割とびっくりすることってありますよね(あるある〜)。イヤ、でも普段は眼を背けてる訳でもないが、物理的に、直接的に…

仮死状態にあったこのブログであるが、ひっそりと再開しようと思う。 最後の記事が 夏が終わる とか言ってるので、半年以上経ってしまった。 その間も日々の中で 「コレどっかに発表(発表て)したい、私的にヒットである、しかしそうは言っても、そうだ、ブ…

夏が終わる No surprises

気付いたら終戦記念日だった。 日勤で勤務していれば、毎年昼休み職場で黙祷をささげる。 今年はそれもなかった。 お盆前、ほんの短い休暇があり1泊ではあるが旅行に出かけていた。 汗だくのお伊勢さん。海の生物と触れ合えるこじんまりした水族館。内壁が…

風邪について長々と

2か月程のブログ放置。イヤでも、通常業務はなんとか運営していました。時に意識朦朧となりながら。時に暴飲暴食しながら。時に自暴自棄になりながら。端的に言うとずーーーっと、風邪、いやぁこんなに自分風邪の治りが悪いなんて。風邪、それはウイルス感染…

仕事でミス&ニューヨークのコインランドリー

えらそうなことを言ってるくせに仕事でミスしてしもうた…。 もう消えたい、自分よ消えてくれ。 今まで何回も感じた感情ではあるが、謝罪と反省はすれど何事もなかったように通常業務に戻るしか選択の余地なし。 そんなタフじゃないんだよう〜。 と娘に甘えて…

ウォーキング中あれこれ 風景と頭の中

ああ、忙しい、忙しい!!! ……ここのところ新年度の準備等デスクワーク&デフォの夜間肉体労働にて消耗しきっている、ということになっているのを自分で認めたくないばっかりに飲み会や一人軽飲みなどもぶち込んでさらにワケワカンナクなっていた私。 ↑いか…

恋と呼ぶにはおこがましい!

よく知る魔性の女、毛穴からフェロモンが吹き出している年上の女は肉食だ。 肉食女子、の肉食ではなく本当に動物の肉をよく食べる。 けものの肉を食べた日があった。その脂を流し込むに最適なワインを少しずつ飲んだ。その香りははじめは花のようででも漠然…

2月の迷走と瞑想

2月は迷走&瞑想していた。 以前から乱暴な「2月不要論」を唱えているわたし。1月は正月だ、3月は希望がある。 2月は…豆まきにバレンタインデーか。まぁ…、いるっちゅや要る、いらんっちゅや要らん。 とにかく冬が基本的に苦手で、でも寒いのに11月終…

サクラ効果と車間距離

とあるブログ本文とコメント欄で「サクラ効果」という語が出ていた。 閑古鳥が泣いていた店などにその人物が入ると、次から次へと他の客を引き寄せその店は賑わいをみせる…、というあの現象のこと。また話題と事象が同期する、シンクロニシティ的なことも。 …

パルメザンチーズのリゾット

最大限良く言って松雪泰子、率直に言えばポール・マッカートニー似の妹が夫と子達を連れて帰省してきていた。 この妹、高校生の時お嬢系短大に安易に推薦入学しようとしていたところを、わたしがあまりのミスマッチを的確に(オホホ!)指摘、調理師専門学校…

紅白歌合戦雑感

大晦日だってのに帰宅が9時でそれから観たもんでアレなんですが。 娘が保育園休みで年末は実家暮らしのため精神が腐りきっています。 そんな中、母の作るきつねそば食べながら観てあーだこーだ言うというまあ幸せな大晦日。 黒柳徹子は背が縮んで早口の呂律…

欲 

この前出張で「看護の倫理」の講義を受けてきた。 それ以前の大きなカテゴリに当たる医療倫理、といえば延命治療に代理母出産、脳死問題や輸血拒否などトピックには事欠かない。 が、今回はそのような大きな話ではなく、その出張で聞いた1つのエピソードが…

歌が上手いと好き嫌いと山本均(潜水士)が熱かった話。

昔から不思議に思っていることがある。 「歌が上手い」ってどういうことだろうと。いや、上手い、は音程やリズムの正確さと声の響き具合とかそんな総合点なのかと仮定。 不思議に思うのは人の心を打つ、感動させる歌とは?ということなのか。ノリノリにさせ…

「その風邪、どっからもらってきたん?」

タイトルは娘が1、2歳の間、母であるわたしが言い続けられた一言。 娘が風邪をひくたびにこの言葉を発する主な人間は数名いたが、現在一定の距離を置いていることと、3歳くらいを境目に風邪や発熱、その他感染症に罹患することが極端に少なくなったためこ…

異性からの呼称(と距離感)について

以前記事にも書いたがわたしの名前は昭和バリバリの◯◯子である。 maro55.hatenablog.com 今回も良子(ヨシコ 仮名)でいこう。 (ところで上記を読んでいただいた方のために追記するとこの記事の皿、最近出来たと連絡があった。引き取り「四年後でもいいです…

スイーツ女子会を堪能した思い出

「スイーツ(笑)」ってのは2007年のネットスラング大賞銀賞なんですね。 スイーツ(笑) - Wikipedia いやはやそんな昔のことをどーこう言う気はないんですが。もう(笑)なしで一般的用語として定着し、誰も突っ込まない件だし。 妹とまだ実家で暮らし…

当て逃げもしかねない、アタシは感情の生き物

当て逃げ、みなさんしたことあります? って、ごめんなさい。わたしは割と駐車とかも上手くてふつうの注意力の時によそ様のクルマなんかに当てるなんてことね、あり得ない!!!って思ってドライバー生活20年。 しかしやりましたよ、やってしまいました、…

無意味で無意味じゃない平仮名表記(好き嫌いはどーしようもない)

最近ベジタリアンの方のブログを読んだ。その論は家畜として飼われ、最後食べられてしまう運命にある動物たち、その犠牲の上に肉食が成り立っていると思うと肉が食べられなくなった、ということに端を発していたように記憶している。 おおよその論旨は…、も…

心乱れる秋(季節性うつからの天橋立からの岡村靖幸にて)

なんだか色々なものが呼び覚まされちゃって息苦しいんである。 発端は奇妙な秋の抑うつ状態であったがそこからの〜、天橋立始めパワースポット巡り、岡村靖幸ライブ参加&ニューアルバム発売発表をきっかけに何に触れても何をしても10代のころのようにびん…

11月の調子の悪さ。せっかく書いた旅ブログ記事も消えたし。

先ほど、旅の記録を写真とともに記事にしようと奮闘中であったのだが、それらが「safariの予期せぬ終了」により泡沫と化してしまった。 大して面白くない女子旅レポート、などと自分の記事をdisって文章にしていたのがいけなかったのだろうか。しかしそれぞ…

「なんとなく美人風」ヘアスタイルを維持するつまらん女

ドライヤーで髪を乾かした後、軽く髪を整えて鏡を見て思った。 「なんかかなり守りに入ってるよなぁ…」 今の髪型は肩下胸上くらいのロング。無造作に乾かしてワックス付ければそれなりにサマになるよ、という触れ込みのロング。ゆるいパーマもかかっているが…

どーにも頷けない「恋バナ」

恋バナ、みなさんは好きですか?わたしは純粋な恋の話を聞くのは大好きです。しかしなかなか落ちてない、そんな話。ということで今回はそこら辺の酒場でよく落ちてるものの、どーにも頷けない恋バナの話です。 ①あばずれ自慢自称サバサバ系ってのがあるらし…

「スピリチュアル・オーラ・リーディング&マッサージ」屋へ行ってみた感想あれこれ

この前、「スピリチュアル・オーラ・リーディング&マッサージ」を掲げている店にマッサージをされに行ってみた。割引クーポンがあったのと、比較的自宅から近いのが理由だ。 しかし、その割引券が付いている地元のタウン誌には「スピリチュアル」「オーラ」…

風邪をひいてボーッとした頭で考えたこと

この2、3日ブログを更新していなかったのですが。 風邪をひきました。 あんな記事「目病み女に風邪引き男」たまには色っぽい話 - とある中年女性の日記(要約:風邪ひき男はセクシー)書いた割には自分がひくと、 「やっぱイヤやな…風邪」 という、シンプ…

私がコメント欄を承認制にしている理由

この2、3日はてなブログにこの話題がちょいちょい出ていましたね。 完全に乗り遅れている感ありですが、まあわたしにはわたしのタイムスケジュールがあるので、やむなし。 コメント、別に完全オープンでぜんぜん問題ないんです。 別にあえて煽るようなこと…

ひたすら焼き上がらない皿を待つ「良子 40歳」。

半年くらい前、若者の男女たちと陶芸にいったんですよ。 まあ、若者って言ってもいい大人、とだけ言っておきましょう。でもわたしよりはうんと年下。 全員陶芸に詳しい奴なんていません。観光ついで、レジャーの一貫です。 陶芸っていやろくろですよね。 ろ…

「ああ、全ての細部がわたしを反映している」ささやかな休日の予定

ウキウキした気分で買った輸入車。ディーラーでの新車納めのセレモニーはかなりこっぱずかしかったが偽のセレブ気分を味わわせてくれた。ノンアルコールのシャンペンもどき。背の高いグラスで乾杯をさせられた。 そんなお気に入りのクルマの前輪のホイールが…

忙しぶってる女と何もしていない男がただ並んでいる。わたしはそれが羨ましい。

川沿いに散歩に行った。 もうすぐ寒い、長い冬がやってくる。 今の時期の晴れた日はその冬へのカウントダウンとして貴重。 わたしは冬が苦手なのだ。 散歩に出るのはそんな理由だけ。 河口近くの川幅の広い川の堤防。 堤防も幅広く取ってあって、朝夕はジョ…

女性の若さと容姿についてってさぁ〜。やっぱ微妙なもんだーい。

なんだか偶然女性の若さと容姿問題についてのエピソードが2件。ちょっとおもしろかったので書いてみる。 一つ目 職場の病棟で患者のおじいさま「おお〜、さっきの娘か!」 (…来るの今日初めてなんだけど。)「?」 「ああ、違うな!姉妹か!?そっくりだも…

「僕たちに、もう(土産)モノは必要ない」(でも何か買いたい)

いらんですよね。土産物屋の土産物。 でも立ち寄るのは好き。道の駅とか。 そして、買い食いするのが大好き。 その土地の色々も勿論楽しいけど、何故かどこでも食べられるアメリカンドッグが無性に食べたくて買ってしまったり。 アメリカンドッグはなんか永…

「目病み女に風邪引き男」たまには色っぽい話

…コホッ、コホッ ずずず… Dr.「…maroさん、ごめんね。コレ、遅くなったけど注射、臨時で指示出しといたから。」 やや鼻声のいつもより低い声。いつもよりしっかりマスクに覆われた顔の下半身。 maro「あっ…はい…りょうかいしました。」 いいね! もう!抜群…

ドッジボールのエピソードと子どもに言ってあげたいこと(妄想)

nemurenai-same.hatenadiary.jp 気分を害したらごめんね。ねむらないさめさん。いつも記事読ませてもらってます。 あなたのことを批判するわけではないし、攻撃しようとも思ってません。 この記事読んで、思い出したことを書きます。 わたしも、ねむらないさ…

「傘がない」 物は大切にしよう

傘、無くなりすぎます。 気付けば一本、また一本と消えてゆくわたしの傘たち。だってだって。 朝、出掛ける時にしとしと雨。 そして目的地に到着するやいなや、仕事なり映画なり飲み会なり、その場その時間に没頭する。全てを終えて、晴れ渡っている空。 そ…

なぜわたしはしまむらの服を着て、リッツカールトンに泊まるのか

いや、別に、しまむらの服でリッツに行くって話じゃありません。 一応TPOは考えているつもり。 生活全体で、節約・プチプラ(低価格)方面の消費と富裕層方面の消費をミックスさせるのが割と好きだ、という話です。 そりゃ、ほんとに富裕層であれば、衣食住…

セレブ宿「リッツカールトン沖縄」に庶民が泊まる(主にセレブの美脚問題)

旅に出る前、読者登録100名ありがとうございます、の記事を書いて帰ってきたら99名になっていたのが少々寂しいですが、まあそんなもんでしょう。 ザ・リッツ・カールトン沖縄 [一休.com] (口コミもセレブ感溢れてます) 行って来ました。 趣旨はタイトル通…

看護師1年目の離職に思うこと

mother-nurse.com このサイトによると平均9.2%とのこと。 これって少ないと感じますか?多いと感じますか? なんて問いかけが無意味なのはわかっています。 ほとんどの方がこの業種の専門性や実態などは把握していないでしょうし、働く場所も急性期病院から…

自転車の空気入れがない、ってねぇ、奥さん。

自転車の空気入れを買いに行ったんですよ。 大型のショッピングモールに。 というか、イオンモールに。 イオンモールってホント何でもあるじゃないですか。 KALDIも、ビレバンも、スタバも。服屋も国内外のアパレルブランドが色々揃ってて、ZARAとかあるとつ…

娘のリクエストで行った鳥羽水族館でとんでもない名文に出会った

スーパーの鮮魚コーナーで魚を見るだけで喜んでいる娘。水族館は毎回狂喜乱舞です。何回行っても飽きないらしい。 休日でもフツーに停められた駐車場から水族館を臨む。空模様も冴えない感じ。まぁ、行っとくか。 サンゴ礁、熱帯魚コーナーではベタに「ニモ…

白シャツ問題

白シャツってどんどん難しいアイテム化してる気がします。 というのも、この前32歳の某友人(男性)が、出会いの場に赴いたのですが(いわゆる「紹介」ってやつで、30歳の某美女と)、何を着ていくかって話をしてたんです。 ここ最近のことだったんで昼…

おさまるところに収まった。福山雅治の結婚について。

一夜明けた。 福山の結婚。 昨夕は休日だったにもかかわらず職場のカンファレンスだった。 基本社畜(病院ですがね)ライフの、中間管理職(役職ないですがね)的役割を求められていると自分で勝手に勘違いしちゃってるわたしは幼子を実家に預け、「休日?関…

娘の運動会。組み体操で泣ける理由と大人になるということ。

今日は娘の運動会でした。2歳から6歳の子供たちが通う保育所の運動会です。ちなみにうちの娘は5歳、年中さんです。 まあ、親というものは基本的に自分の子供しかみていないものです。 かけっこにお遊戯、はたまた待機時間の表情まで、普段の生活では見飽…

Twitterを始めて思ったこと。安保法案は結局通ったけれど。

ブログを始めてから初めて、Twitterのアカウントを取得してみた。 普段読んでるブログの主の方をフォローしたり、フォローしてもらったり(ほとんど呟いてないけれど)まあ、そんなことをわたしもしてみようと思ったのです。 そこで、時は安保法案のゴタゴタ…

「お母さん、まだネギ刻みで消耗してるの?」刻みネギとカット野菜に手を出した件について

今日は朝、実家から出勤した。 いつものように、味噌汁を作る母。多分40年間以上、毎朝味噌汁を作っている母の後ろ姿を見ながら思った。 「お母さん、まだネギ刻みで消耗してるの?」 アタマの中で自然と出てきたこのフレーズ。イカン、イカン。 まだ50…

自然体で…ママでもキレイをあきらめない!意識高い主婦のブログ

こんばんわ✨今日も「maro日和」にお越しくださってありがとうございます⭐︎みなさまは秋、満喫していらっしゃいますか?ところでわたしがいま、はまっているもの。「ほうじ茶ソイラテ☕️」!「和」の風味に「ほっこり」させてもらえる…。秋にホントオススメ…そ…

今「めっちゃすっきゃねん」というワードが熱い!

はあ? 「なんのことやねん?」 って感じのタイトルでごめんなさい。 娘の口からある日唐突に飛び出したこのワード。 わたし(maro)「さあ〜、夜更かししてないでもう寝やなあかんで!」 娘(maro子)「もうちょっとコナンみる〜。コレみてから寝る〜」 「も…

「ぐりとぐらの1ねんかん」ブログの裏テーマは中年クライシス

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」 人生かぁ…なんか自己啓発本とかを連想させちゃいますね。 でも、人生って日々続いてく暮らしがベースにあってこそと考えると今回アップしようかな、と思ったのはコレでございます。 ぐりとぐらの1ねんかん (日本傑作絵…

地元のゆずりあいロード(仮称)について。

実家の近くにあるゆずりあいロード、いや道路か。それにしてもこのロードと道路ってちょっと人を混乱させといて「まあ、どっちでもいいや」って気分にさせますね。わたしはシンガポール航空とシンガポール空港(正しくはチャンギ空港)もダメです。シンガポ…

ストレスには尊敬する人の精神的コスプレが有効。

わたしの働く看護師業界では、1年目のフレッシュなスタッフを「新人さん」と呼ぶ風習があります。で、秋になりまして、その新人さんたちが1人で1スタッフとしての業務を行うこと=「独り立ち」の季節です。 で、その新人さんたちとチームで仕事をすること。…

「こんなこと書いて炎上しちゃったらどうしよう!?」いや、しないから。と自分に突っ込みつつ、「パクリ」問題についてのマイルドな見解

世界の果てでやっているような(アクセス的にね)このブログですが、この2、3日読者登録してくださった方がたくさんで。本当に嬉しく思っております。 で、さっそくタイトル、オイオイ、勘違いするのが早すぎるぜ!アナタのブログ全然そんな影響力ないから…

ガラス越しの娘(秋だからおセンチな怪しい母の胸中)

朝、娘を「めろんぐみ」のおへやまで送って行って、大好きな先生に母子ともどもごあいさつした後、娘は「おたよりちょう」の9月7日のマスに季節の(9月だからお月さまとか、ススキとか)シールを貼る。 そこで、母と娘は一旦さよなら。 「ばいばーい、運…