読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある中年女性の日記

一人の時間と惰眠を愛するわたしの脳内と暮らし

はてなブログの海は思っていたより広くて深かった、そしてフツーの自分

はてなブログに訪問し始めてから、1週間もたっていない新参者です。

そもそも、なぜこの多忙な毎日の中ブログを始めようと思ったかもはっきりしていない故、記事内容は迷走してますし、忌み嫌っていた自慰的ムードも漂っていて読者目線に切り替えると「キモい!」の一言かも。

 

本当に自分発信で何かをするってことは難しくて面白いもんだと思います。アマチュアの音楽とか、演劇、見てるこっちが恥ずかしいって感じることあるけど、表現者の自意識過剰と自分の自意識過剰がオーバーラップしちゃってそう感じるのかもしれない。

でも、そのキモさをゆうゆうと乗り越えていらっしゃるクールなブロガーさんたちをこのはてなブログでいっぱい発見して思ったことは、やはり他者に何かを「与えられるかどうか」ってことがキモなんじゃないかな、と感じました。 自分だけが気持ちよがってるのって、受け手には見事にダイレクトに伝わってしまう。

だから、前提として「伝えたいことがある!」人はやっぱり強い。でも、一見散文でなんでもないことを書いていても、もともとの視点や生き方が面白い人の文章はやっぱり面白い。

短期間ですがブログを始めてつくづく、自分の凡人ぶりに気がついたといった次第です(遅い!)。ブログ始めても続かなくてやめちゃう人って、ほとんどがこの絶望感?なんじゃないかな。インプットだけしてたらそれに気づかず自由に批評や感想(オリジナリティがあると勘違いしている)を抱き、そうしてる自分がなんか特別って幻想を保ち続けられますもんね(それはそれで無用な消耗もなく、もちろんなんの問題もない)。

 

そんなことを考えていたけどこちら↓。

kyouki.hatenablog.com

鎖を切らない(書き続ける)ことで、ポジティブなスパイラルが勝手に回り始めることって確かに多々あると感じます。とりあえずやってみる、ことから生み出す動力ってけっこう大きい。

 

たぶん続いてるブロガーさんならとっくの昔に合点承知のことばかり書いてしまいました。やはり「与える」ことってそう簡単ではないのだなあと痛感。

読んでくださってありがとうございました。