とある中年女性の日記

一人の時間と惰眠を愛するわたしの脳内と暮らし

¥1,836のカツカレーを食べてみた 名古屋栄 三越B1「匠」

わたし、結局一番好きな食べ物ってカレーかも知れないです。
 
本当に食べ物の好き嫌いがなくて、外国旅行でも特に食べ物で困ったことってなくて。
フレンチや懐石いただく機会があればもちろん普通にワー❤️キャー❤️言ってるし。
かと思えばジャンクフードもむしろ進んで…というか不規則な生活ゆえただのコンビニ常連です。コンビニに本当に感謝しているので、カップ麺も添加物がなんちゃらのお惣菜類も美味しくいただきます。
お洒落なリストランテは気分が上がるし、大衆酒場や焼き鳥屋でつまみながら呑みのくつろぎ感も最高。夏は岐阜にヤナ漁の鮎食べに行って秋はやっぱ松茸の土瓶蒸し?自宅での料理も嫌いじゃないわ〜クリスマスにはローストビーフ作ったりね〜。
って、食べることやそれにまつわるものごとが本当に好きなんです。ってただのいやしんぼうなだけなんですがね。
 
前置きが長い。
とにかく、昔から今までずっと、食べることが好きすぎる自分の脳内でたまに考えるんですよね。心のベストテンを。
 
で、カレー。結局わたしはカレー(orカリー?)が好きだー!!!
 
心のベストテンは四季によりけり移り変わるんですが、初夏の蛤や冬の牡蠣がぶっちぎりでその季節の第1位だとしたら、カレーは通年ベスト3周辺ををうろうろしてる存在。
多分、スパイスにやられてるんでしょうな。担々麺も通年ベスト5周辺にいるから。
 

そして本題

匠 - 栄/カレーライス [食べログ]

13:00すぎ。店内カウンターのみ、お客さんはいずれも一人で来ているご婦人方が2名。というか写真が下手すぎて、隣のなだ万厨房が気になりすぎますね。

f:id:maro55:20150915193122j:image
 
 
 
 
 
メニュー。ほほう。やっぱり写真が下手で見えにくいですね。一番プレーンなやつで1296円です。
なかなかのお値段です。

f:id:maro55:20150915193130j:image

f:id:maro55:20150915193226j:image
 
 
 

 

 

テーブルに置いてあったカレーの説明、ってか「口上」。「口上」ってあの落語とかで言う口上ですか!?「カレー」と「口上」が同一の文章になってるの初めてみました。

この「匠」の字体といい、接客のお兄さんの稀にみる清潔感といい…

f:id:maro55:20150915194116j:image
この「匠」さん、同じく栄の日本料理屋さんの分店だったようです。しかも、

tabelog.com

ひいい〜。かなりの高級店。こっちの「匠」には偶発的な何かがないとまず行けんな。まあでもわたしはひとまずカレーの方の「匠」で。偶発的な何かについては気長に待つとしましょう。

でもなんか、ねえ。高級店の分店って期待がふくらみますよ、ねえ。

 

 

 

来ました〜!!!

f:id:maro55:20150915193239j:image
(もう、今回は写真の下手さ爆発ですね。)
お腹がペコペコすぎて、「季節のトッピング キャベツとサクサクとんかつカレー」をオーダーしました。
 
カレー、上品で美味しい!
サラサラ&スパイシー&大人です!
味が濃くないんですよ。とにかくスパイスの香り、牛骨と野菜ダシの風味で味わわせる感じ(その辺が高級日本料理との共通点かしら)。
そしてだらだら汗かく感じじゃなくて、食べ終わった後うっすら「ふぅ…」というくらいの辛さ。これも上品さのゆえんやろか。でも上品なだけじゃない、辛さの種類はしっかりとシャープですよ。
 
トッピングのとんかつも赤み多めの小ぶりっていうのが憎い。このカレーと相性抜群でした。間に挟まれたキャベツはやや酢っぱい感じだったかな。薄味で、ブラックペッパーで香り付けしてありました。このキャベツの役割もなかなかよかったですよ。
 
お代¥1,836。どうみるか…
人それぞれですがわたしはいいと思いました。
 
 
 
 
(多分、食べ物の写真があまりにもイマイチなのは、美味しそうなものが運ばれてくるとコーフンしちゃって、ちょっと冷静さを欠いているからなんです。ああ、なんであたしdancyuに就職しなかったんだろう…)
 
 
 
以上でした。