とある中年女性の日記

一人の時間と惰眠を愛するわたしの脳内と暮らし

無意味で無意味じゃない平仮名表記(好き嫌いはどーしようもない)

最近ベジタリアンの方のブログを読んだ。その論は家畜として飼われ、最後食べられてしまう運命にある動物たち、その犠牲の上に肉食が成り立っていると思うと肉が食べられなくなった、ということに端を発していたように記憶している。

おおよその論旨は…、もう流し読みしてしまい再検索も面倒だしかといっていい加減なことは書きたくないので省くが、とにかくその文章では動物を全て「どうぶつ」というように平仮名表記されていた。

ある方が本日そのブログについて言及されていてわたしも思い出してコレを書いている、なのでちょっとそこから引用させていただくと、

「どうぶつは自分が殺されるとわかると泣いてしまうそうです」

「どうぶつだけでなくあらゆるいのちを大切にする」

こんな調子である。

なぜ、ベジタリアンブログ主は「どうぶつ」なのか。「動物」じゃダメなのか。

このひっかかりのお陰で完全に論旨に頭が至らず、思い起こせないという始末じゃないか!

 

ところでこのわたしのひっかかりはどういうことか。

平仮名表記にすることによって、動物たちを愛玩物のように考えている印象を与えるのに違和感を感じるのだろうか。ブログ主が自分を「ピュアな自分」と印象操作しているように感じているのだろうか。

まあいい…。しかし、この主は人間(その他)が弱肉強食のもとに食らう獣全般を「どうぶつたち」という価値観で認定していることはわかった。

 

わたしは雑食だがベジタリアンヴィーガンもフルータリアンも、否定するつもりはない。どころか、不食という選択にだって興味津々だ。その方々のその信念に至る過程や実践の具合を聞きたいと思うし、体質改善や環境問題で自分にとって「利あり」と思えば期間限定的ではあっても採り入れてみたいとも思う(ダイエットという名分でやってみたこともある)。

でもさ〜、その前の段階でつまずいちゃうのよ。

「どうぶつ」なんて書かれたら。

 

この漢字知ってるはずのいい大人があえて使う無意味な平仮名表記、他の場面でも見受けることありますけどね。まあ、無意味じゃないんだろう。

 

文体然り、選ぶ言葉、表記、順序、句読点の付け方。

ブログ読むんでもそこに書かれる内容がうまいかまずいかを吟味、(自分の脳内だけでの含め)議論する以前に、それらが如実にその人を現わしてる。

 

内容については自分と意見が違おうが、全然理解できなかろうが、良いこと言ってようがどんな余地も残されてるんだけど。違和感感じるそれらについてはもう好き嫌いだからどうしようもない。