読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある中年女性の日記

一人の時間と惰眠を愛するわたしの脳内と暮らし

ウォーキング中あれこれ 風景と頭の中

ああ、忙しい、忙しい!!!

 

……ここのところ新年度の準備等デスクワーク&デフォの夜間肉体労働にて消耗しきっている、ということになっているのを自分で認めたくないばっかりに飲み会や一人軽飲みなどもぶち込んでさらにワケワカンナクなっていた私。

↑いかん。ウォーキング再開。

 

ランニング風ウェアで玄関に出たところマンションの住人(主的おばはん)に早速、

「あらら〜痩せてるからいいわよぉーーー」(決して痩せてないし、何がいいんだ)

どうでもいいがどうでもよくない(何せ主だから)やりとりをあしらった後出発。

f:id:maro55:20160331104014j:image

幹線道路の橋の下を通る。

上の赤いでかいネジみたいなやつやナンバーの振ってある黒の積み上げてある物体等に萌える私。こーゆうのにいつも萌えてしまうが何でなんやろう…と長年考えている。

 

f:id:maro55:20160331104029j:image

水質の良し悪しには関係ない美しさ?美しい…?

いや、美しいという言葉は不適切だな、でも何かきれいだと思って思わず撮る。小波が来ていて、午前中の日差しが反射して、烏みたいなどーでもいい鳥が寄って来ている状況がなぜか自分のフィーリングと共感。

まぁ今日もなんかしら動いてるわぁ〜〜〜。

 
 
f:id:maro55:20160331104419j:image
風になぎ倒されたススキ。もう何の抵抗もなく倒されまくっていて面白い。あっち側のは普通に上向いてるのに。
 
f:id:maro55:20160331104049j:image
別に何の和みもない風景を真剣に、向かい風やもんで眉根にシワ寄せて歩いていると、こんなものがダントツで可愛いモノNo. 1っていう。
 
 
 
イヤ、仕事と家事と育児に追い回されて、振り回されて忙しいんスよ。
ストレス溜まります、ホントに。
 
 
 
別にそんな言い草する状況的な資格は一応完璧なまでに揃ってるよな、あたし。
でも「育児」かぁ、育児って何歳までなんだろ。確かに0歳の母乳の時期は仕事も休んでたし、育児してたよなぁ。育児しかしてなかったってか、そんな感じだし。
でも今娘は5歳。車運転したり一人で公共交通機関は使えないから送り迎え等はするけど「育児」??、っていうより同居人化してるような。
5歳ともなれば別に一人で食事、排泄、風呂等可能だし。
食事、って作る方は自分も食べるわけだから作るのは変わんないし。よっぽど手のかかる男と同居や結婚してるほうが生活上での負担ではあるわな。変な精神的、心理的な縛りにおいても。
 
で、仕事もこの看護師という職業、一部(実はこれが真に手強い勢力なのだが、こわい)を除いて表向きなかなか世間的社会的に「効く」業種で。
「あらぁ〜、大変ねぇ!でも尊いお仕事なされてるからっ。きっと娘さんもお母さんの背中を見て育ってね、わかってくれると思うわよぉーー」
そんな何の責任もないセリフは置いても、病院託児所の完備、一般保育園での融通、地域でのどうでもいい会合の免除、等の実利がある。前述の何の責任もないセリフだって、本気で言ってる人には「情に訴えかけている」という面で実利につながるのだ。イヒヒ。
まぁ、この職種上の免罪符は使えるとこでは使えるだけ使わしてもらおーーーっと。
 
 
 
以上、荒んだとも言える風景の中久々に身体を動かしてじんわり汗もかいて、なんとなく考えたことでございます。多忙ぶっててもたいしたことねーな(色んな意味で)!