とある中年女性の日記

一人の時間と惰眠を愛するわたしの脳内と暮らし

アリースター誕生 感想

ええーっ

ブラッドリー・クーパーて、そんな人やったん?!

 

前知識ほぼなく、ブラッドリー・クーパーの映画も観た事もなく。

冒頭のライブ映像で「何このミュージシャン、本物のミュージシャンが映画出演するんやなー」

とか思っていたら、男の方の主役の俳優さんやったわ。

何もう。

なんで俳優が映画監督して、あの演奏と歌を役としてできるわけ?!

天は何物与えるというの。才気煥発にもほどがあるわ。

と思いつつ見てたら、サム・エリオットとの会話の車中のシーン。

いやいや、声が似すぎて多分わたし映画終わるまでこの男二人の聞き取り分けできへん。そう思っていたら、兄弟やったわ。

何もう。

出来過ぎやろ。

 

そう。出来過ぎやわー。

ガガも出来過ぎ。無名のときのフレッシュな表情、垢抜けなさの演出。

彼女が絶世の美女でないからできる演技とキャラクターとストーリー。

もう、憎い(なんでや)!!!

 

女性が強く歩んでいくサクセスストーリー、好きやわ。というか、手を変え品を変え、このパターンを鑑賞者としてひたすら踏襲し観続けるわたし。

風と共に去りぬ(長い)を年1回観る恒例行事にしているわたし。

今回もそういった女性映画ジャンルとしては、水戸黄門状態で基本何もいう事はない。

 

いかにも冷めた目で鑑賞しているように、書いてますが、デトックスのように涙を流してスクリーンに向かってます。

初ステージでは内面を開放し精一杯表現できるかどうか、自分がステージに立つかのように緊張し、歌唱シーンで感激し暗闇で多分顔パクしてるわたし。

ジャック(クーパー)の闇がアリーにどよ〜んと、じわじわと、来る時にはもう我が事のように「やめて〜ッ!!」と心中叫び、こいつ事故とかで早く死なんかな〜、でないとアリーが、アリーが…と心底思い、そして死んでくれてホッとしました。が、ホッとしたのも束の間、愛する人を失う女の心境にどっぷり浸かるわたし。

 

わたしは女ですから、このような見方を忘れません。

平日午前の、ショッピングモールのシネコンでのデトックスANDカタルシス最高でした(だいじょうぶかってくらい客おらず)。

映画観たわ〜〜〜て感じさせてくれてガガ、クーパー、ありがとう。

これでグラミー獲ったらマジでマジで出来過ぎだね!WOWWOWで授賞式みよっと。